イクオスの効果

薄毛のメカニズムに沿ったイクオスの効果と脱毛因子対策

AGAを攻略するためには薄毛のメカニズムの上にある

 

3つの壁を越えなければなりません。

 

@男性ホルモンDHTの発生源である5αリダクターゼを抑える

 

A脱毛因子TGF-βを阻害する

 

B成長因子を活性化させる

 

この3つの壁を超えることが出来れば

 

育毛効果が劇的に促進されます。そう劇的にです。

 

 

さて、それでは@の5αリダクターゼ対策よりも大事なことを

 

お伝えします。それは、脱毛因子TGF-βを阻害し、

 

最終の脱毛シグナルが出ないようにすることです。

 

 

今までAGAを引き起こす男性ホルモンDHTの存在はご存知の方も

 

多かったと思うのですが、実は5αリダクターゼ対策よりも

 

脱毛因子TGF-βを阻害することの方がもっと重要なのです。

 

 

まず、脱毛因子TGF-βを知らない方の為に簡単に

 

薄毛のメカニズムについてお話しますね。

@通常の男性ホルモンが毛根付近の細胞内で
5αリダクターゼという酵素と結びつくと

 

 

A悪玉の男性ホルモンDHTに変換

 

 

B男性ホルモンDHTを男性ホルモン受容体が受け取り
遺伝子に作用した結果、薄毛体質の人は脱毛因子TGF-βが増える

 

 

C脱毛因子TGF-βがある一定量まで増えるとは脱毛指令を発する

 

D髪の毛の成長が止まり脱毛、次第に薄毛になる

 

AGAの先駆けとなる5αリダクターゼの抑制は当然

 

やらないといけませんが、本当の意味での抜け毛対策をするなら

 

この脱毛因子TGF-βを阻害し、脱毛指令を出させないようにしなければ

 

真の回復は期待できません。

 

 

しかし、リニューアルされたイクオスなら

 

脱毛因子TGF-βを阻害する効果まで期待でき、5αリダクターゼ対策と

 

成長因子の活性化の3つの効果により、

 

 

本当の意味での抜け毛対策と真の回復が期待できそうです。

 

 


>>【全額返金保証付】イクオス育毛剤の詳細はコチラ<<