イクオスとM-1ミストの併用

イクオスとM-1ミストの併用が最強の組み合わせ!

基本、イクオスは他の育毛剤との併用をOKとしています。ただ・・
併用するにあたり、意味のない併用では効果が半減しますので、

 

 

ここではイクオスと最も相性のいいM-1ミストをご紹介します。

 

 

さて、僕が知る限り、

 

育毛で生え際の回復まで成功させた人には
共通のポイントがあると感じています。それは・・・

 

 

薄毛解消の重要ポイントをしっかり攻めた育毛を継続していること。

 

 

生え際の回復に成功した人は、AGAにおける解消ポイントを理解し、
それらを攻めるために別途育毛アイテムを取り入れ併用しているんです。

 

 

例えば、薄毛の根本原因である5αリダクターゼ、
イクオスを使えば5αリダクターゼを抑え、通常の男性ホルモンが
薄毛に導く男性ホルモンDHTに変換させないケアが可能となります。

 

 

多くの方は「先陣のDHTを抑えてるんだから」と安心しますが、

 

育毛を徹底している人は、5αリダクターゼ対策に加えて
TGF-βという脱毛因子を抑えるケアまでしているのです。

 

 

アナタは脱毛因子TGF-βを抑える育毛をしていますか?

 

 

実は男性ホルモンDHTと薄毛は比例関係にありません。
DHTが増えても薄毛にならない人はならないんです。

 

 

では何が問題なのか?というと、それは・・・

 

男性ホルモン受容体の感受性の強弱が問題なのです。
感受性が強ければ薄毛になりやすく弱ければDHTが増えても
薄毛になりにくいという事実。

 

これは遺伝によって決まり、抜け毛がひどく軟毛化が
進んでいる人は感受性が強いということになりますね。

@通常の男性ホルモンと5αリダクターゼが結びつくとDHTに変換
A受容体がDHTを受け取り遺伝子の作用で
B脱毛因子TGF-βが増える人と 成長因子が増える人に別れる。
C脱毛因子が増える人は薄毛になり、成長因子が増える人はそのまま
髪が成長するというメカニズム

 

さて、脱毛因子TGF-βは強烈な脱毛シグナルを発し、
髪の毛の成長を強力に抑えるという悪さをします。

 

 

いわば、最終段階の「脱毛シグナル」を発する
脱毛因子の親玉的存在が脱毛因子TGF-βなのです。

 

 

なので、先陣の男性ホルモンDHTを抑え、最終段階の
TGF-βを抑えることで完璧な抜け毛対策が期待できます。

 

イクオスでは先陣の5αリダクターゼ対策ができますが、
TGF-βを抑える育毛はできません。

 

 

もし、TGF-βまで抑え、より高度な抜け毛対策
をされたいならM-1ミストと併用してください。

 

 

僕が知る限り、

 

脱毛因子TGF−βを削減できる効果があり、
安全な併用が期待できるのはこのM-1ミストだけです。
↓ 全額返金保証付き ↓
サラヴィオ化粧品_抜け毛に朗報

 

 

※原則、日々の5αリダクターゼさえ
しっかり抑えておけば大丈夫だと言われています。