イクオスで生えない理由

イクオスで生えないのは理由がある!

 

医薬部外品のイクオスを使用しても生えない、

 

発毛促進されないという方もいるかもしれません。

 

 

正直な所、生えない正確な理由はわかりませんが、

 

AGA対策するにおいて見直すべきポイントなら

 

いくつかアドバイスできるかもしれません。

 

 

まず、イクオスは有名成分が網羅されている育毛剤であり

 

AGA対策における総合ケアが期待できる育毛剤です。

 

 

なので、薄毛が始まって数か月未満の方であれば、

 

意外に早期に髪の毛にハリやコシが出るという

 

場合があります。いわゆる発毛促進ですね。

 

その証拠にモニターさんの中には1か月で発毛促進を

 

実感されたという方もいますから。

 

 

ですが、薄毛が始まって1年以上経過している場合なら

 

個人差がありますが、イクオスの効果の出始める期間も

 

遅くなるという場合も否定できません。

 

 

ましてや抜け毛が酷い場合だと尚更発毛促進されないでしょう。

 

 

なので、まずは、男性ホルモンDHT対策に徹し

 

脱毛を予防することから始めるのがお勧めです。

 

 

もちろん、イクオスにもDHTの発生源である5αリダクターゼを

 

抑制するオウゴンエキスが配合されていますが、

 

薄毛が進んでいる方だと上からのDHT対策だけでは

 

物足りないかもしれません。

 

 

できれば、イクオスサプリ等のノコギリヤシサプリも活用し

 

中からも5αリダクターゼを抑制する成分を摂取したほうが

 

イクオスも効きやすくなるのではないでしょうか?

 

 

実際、イクオスは生えない、発毛促進されないと

 

嘆いている方の大半が体の中からのAGAを対策を軽視し

 

実践されていないパターンが殆どだと思います。

 

 

AGA対策を現役でしている私が思うに

 

薄毛と戦うならサプリメントを活用し、

 

薄毛になると不足しがちになる栄養をきちんと摂取しながら

 

イクオスを使うほうが発毛促進しやすいと感じています。

 

 

※生える、生えないという表現は発毛促進のこと。