薄毛のメカニズムとイクオス

イクオスの効果はAGAに的を射ているの?

育毛して薄毛から回復させるには、薄毛のメカニズムの上にある

 

解消ポイントを全て攻める育毛をする必要があります。

 

 

正直、ズレた育毛をしますと、頑張っているのに上手く行かない

 

ということになりますので

 

ぜひ、ここで薄毛になるメカニズムを知っておかれてください。

 

 

さて、男性ホルモンDHTの量が増えれば増えるほど

 

AGAを引き起こし薄毛になると考えている方が多いと思いますが、

 

 

実はAGAを引き起こすか否かは

 

男性ホルモンDHTの量ではなく質で決まるのです。

 

 

もっと詳細にいうと、

 

男性ホルモンDHTを受け取る毛根の男性ホルモン受容体の

 

感受性の高低よって決まります。

 

さらに言い換えると遺伝ですね。

 

 

遺伝的に感受性が高ければ脱毛因子TGF-βが増えて薄毛になりますし

 

感受性が低ければ成長因子が増えて薄毛になることはありません。

 

 

すなわち、薄毛になる人は成長因子の量を脱毛因子の量が

 

凌駕してしまうために薄毛になるんですね。

 

 

なので、薄毛の人が今すぐやらなければいけないのは

 

AGAの先駆けとなる5αリダクターゼの活性を抑制すること。

 

これは絶対です。(この時点で抜け毛が止まる人が多いです)

 

 

そして、最終的な脱毛シグナルを発する脱毛因子TGF-βを

 

抑えてやることなのです。

 

 

この脱毛因子TGF-βを削減してやることができれば

 

脱毛シグナルを発することがないのでAGAによる抜け毛はまず起こりません。

 

 

さて、リニューアルされたイクオスには脱毛因子TGF-βを
阻害する効果が期待できます。

 

 

また、アルガス2による成長因子の活性化もまた期待できますので

 

継続すれば徐々に脱毛因子の量を成長因子の量が上回り

 

回復へと向かう可能性が高いかもしれませんね。

 

 

イクオスはAGAに対して的を射た成分がしっかり配合されています!

 

 

興味がおありの方は一度詳細をご覧くださいませ!

 

 


>>【全額返金保証付】イクオス育毛剤の詳細はコチラ<<