ザガーロの効果

ザガーロってどう?その気になる効果は?

ザガーロはプロペシアの数倍の効果があるという噂だが・・・

 

 

男性型脱毛症の引き金となる男性ホルモンDHTは、

 

5αリダクターゼという酵素の活性を抑えることで

 

男性ホルモンDHTの産生をブロックすることが可能です。

 

 

そんな5αリダクターゼを抑制するために使うアイテムといえば、

 

プロペシア、ノコギリヤシサプリ

 

の2大アイテムが定番でしょうか?

 

 

ですが、最近は上記のアイテムの効果が弱いとお感じなのか?

 

 

プロペシアの数倍の効果があると言われているザガーロ

 

という薬を使ったり、プロペシアとザガーロを併用したりする

 

人もいるそうです。

 

 

さて、このサイトの訪問者さんにお伝えしたいのは

 

ザガーロに手を出すまでもないという事実。

 

 

僕のサイト「イクオスが凄い!」の個別記事を読んで

 

勉強してくれている方なら、ザガーロを使うことは無意味だと、

 

むしろ健康のために飲まないでおこうと考えると思います。

 

 

たしかにAGAは、

 

先駆けとなる男性ホルモンDHTがゼロであれば抜け毛や

 

薄毛になることもありません。

 

ザガーロはプロペシアの数倍の効果があるので
5αリダクターゼを抑える力があると思います。

 

ですが、実際に飲んでいる人の一部には

 

体への負担が大きいと言っている方もいました。

 

アナタは、ザガーロの結果を得るために

 

1年、2年と飲み続ける自信がおありですか?

 

僕自身はリスクを犯してまで服用するもんじゃない

 

と思うんですね。

 

でも、それでもザガーロの効果が気になるという方は

 

薄毛になるメカニズム」をもう一度思い出してみて下さい!

 

 

AGAは男性ホルモンDHTを増やさないことが大事ですが

 

それよりも脱毛因子を増やさない事の方がもっと大事だ

 

ということが理解できると思います。

 

 

プロペシアやノコギリヤシサプリで効果がないと感じている方の多くは、

 

5αリダクターゼ対策ばかりに目が行き、男性ホルモンDHTがきっかけで増える

 

最終段階の脱毛因子対策をおろそかにしてしまっていると考えられます。

 

なので、ザガーロで5αリダクターゼの威力を強めるのではなく

 

プロペシアやノコギリヤシで5αリダクターゼ対策をしつつ

 

最終の脱毛指令を出す脱毛因子対策に注力を注ぐことが効率的な

 

AGA攻略術です。

 

 

そして、イクオスはそんな脱毛因子TGF-βを阻害することが

 

期待できる数少ない育毛剤の一つなのです。

 


>>【全額返金保証付】イクオス育毛剤の詳細はコチラ<<