植毛のデメリットとは?

植毛のデメリットとは?

 

イクオスという育毛剤がある中、植毛を考える方は

 

このサイトの訪問者様の中にはいらっしゃらないかと思いますが、

 

育毛のお役立ち情報として

 

自毛植毛に関するメリット・デメリットについて、

 

僕が勉強して知っている範囲でお伝えしようと思います。

 

 

まず、植毛のメリットは何と言っても薄毛の復活率が驚異的に高いということ。

 

生え際がスカスカになろうが、生え際が後退しようが、毛包を移植することにより

 

薄毛の密度を狭くしたり、生え際を綺麗にそろえることが可能なのです。

 

 

しかも男性ホルモンDHTの影響を受けない後頭部や側頭部の

 

毛包を患部に移植するので、植毛後は育毛剤を使わずとも

 

髪はぐんぐん育ちます。

 

 

ただ、植毛は薄毛の根本原因の解決法ではないという事実。

 

 

AGAは遺伝なので、遺伝的な問題をクリアしていないと

 

植毛を受けた場所以外の部分は男性ホルモンDHTの影響を受けて

 

薄毛になる可能性が大いにあります。

 

 

例えばM字ハゲの両サイドを移植したとして、

 

中央部分の育毛を全くしないでいたら、M字ハゲの両サイドだけ残って

 

逆U字型の不自然なヘアスタイルになる可能性もあるのです。

 

 

なので、植毛してもしなくても、AGAになった以上

 

日々の5αリダクターゼ対策からは逃れられないのが現実です。

 

個人的に、植毛で薄毛を復活させるより、育毛剤とサプリを駆使して、

 

自力で薄毛を復活させた方が達成感もあるし、男として強くなります。

 

実は、薄毛だった頃は男として自信を無くしていた時期があったのですが、

 

 

イクオスを使い、徐々に薄毛から回復させることで

 

達成感とか満足感を実感したのか?

 

男としての自信を再び取り戻すことができました。

 

 


>>【全額返金保証付】イクオス育毛剤の詳細はコチラ<<